ヘブライ人への手紙 No.1「神と恵みと信仰」

サレプタ聖書メッセージシリーズ

   ヘブライ人への手紙 No.1「神と恵みと信仰」
   ヘブライ人への手紙 1章:1〜3節

    ● in 2014/01/16 THU. 
    ● at キリスト教 東京鵜の木教会
    ● Messaged by 清野隆二

=====

「ヘブライ人への手紙講解」が、今月から始まりました。
新約聖書を書いた人の中で、旧約聖書を知り尽くした人物はパウロとマタイとヘブライ人への手紙の作者です。

聖書のメッセージ、「神(特に主イエスについて)・神の恵み(神の御業)・信仰(人間の応答)」を理解する上で、ローマ人への手紙に並んで大事な書物です。
とくに、旧約聖書の土台をしっかり据えてのメッセージは、私たちの信仰を堅固なものにしてくれます。 

信仰生活で最も大事なことは、主イエスを知ることです。
次に、神の恵みを知ることです。
さらに、神と自分の関係を知り、命をかけて従うことです。

=====



© サレプタ・ミニストリー 2013